うつわhaku陶芸教室の生徒さんの作品紹介



白いポット。
実は・・・・中には・・・・。


取り外しできる金属の茶こしが、ぴったりサイズで入るようにつくっています。(収縮の寸法はお手伝いしています)



白い釉薬と、青い釉薬が重なると、真ん中のラインのようになります。
釉薬を掛け重ねるとできる模様を「たいひさん」といいます。中国の油滴天目などで、見られる釉薬の技法です。
こんなこともできるよ〜と、提案させていただきました。



こちらは、猫のおさら。
じつは・・・。

さんま専用の平長皿です。猫が、魚をくわえているようになります。画像の魚は、こんなかんじになるよという、私が書いた魚ちゃん。


こちらは、耐熱ココット型です。
早速、ラザニアをオーブンで焼きますー(^^)!と、お話してくださいました。


猫のサインです。ニードルで自分の名前を書くのもいいですが、盛り上がりサインもなかなかいいかんじなのです。


しかも、手びねりで、4個セット。おそろですよ〜。

粘土の重さを量って1個1個、手びねりしていくと、自然と同じ大きさになっていきます。

いろんな技法を、初心者の方でも楽しんでいただけるように、工夫したり研究したりしていますので、お気軽にご参加くださいね。
釉薬の、自然の素材の美しさも、知ってほしいなあと思ってます。

助成金で釉薬も研究、勉強させていただいたので、どしどしきてくださーい。


自分でつくった、うつわで食事をすると、とっても楽しいし、
献立も考えやすくなります。ひらめきます(^^)!

毎週火曜、日曜開講しています。
第2、4金曜日も開講しています。(毎週金曜開講予定)



お問い合わせは

うつわhaku陶芸教室

utsuwahaku☆gmail.com(☆を@マークにして送信してください。HPからは、メールが簡単に送れるようになっています。)

TEL/FAX 075−352−2024

京都市下京区堀川五条中金仏町215−6 増田屋ビル 3F−D

地下鉄五条駅 4番出口から徒歩7分
阪急大宮駅から徒歩15分

市バス堀川五条から徒歩3分


うつわhakuHP http://696-tako.ciao.jp/

うつわhaku陶芸教室のお知らせ



うつわhaku陶芸教室では、生徒さん募集中です。
画像は、生徒さんのお皿。
お皿が、おいしそうに作れています。
いちご大福が似合っています!

教室では、いろんな作品を、自由につくっていただけます。
技法も、いろんな技法を指導できますので、つくりたいものをお気軽にご相談下さい。
まさかこんなものが、陶芸でできるなんてというようなカタチのものも、作れたりします。



この前は、生徒さんがコーヒーカップと、ドリッパーをつくりたい!という事だったので、
つくりやすい方法で指導しました。

コーヒーカップの底には、コーヒー豆がくっついています。
飲んだ時に、嬉しくなるかと思います。



豆が!

釉薬も、16,000種類研究していますので、うつわに、ぴったりな、そして完成度が高くなる釉薬のご提案もしています。



ドリッパーです。紙フィルター用なので、紙がドリッパーにぴったりくっつかないように、つくっています。一見こまかーい作業に見えますが、実は、やりやすい方法でつくられています。
まさかの、あっという間に、ドリッパーの内側にある筋が出来上がるのです。
ひゃああーって、びっくりしますよ。

まともに、細かくしていくと、時間がどれだけあっても、たりませんし、修行をたくさんせねばなりません。
趣味で陶芸をするのであれば、短縮できるところは短縮して、つくりやすいようにしています。
楽しく、無理のないようにできればと、初心者の方でも楽しく陶芸ができるように、技法を研究しています。
不器用なんでドキドキ・・・でも陶芸してみたいし・・・どきっどっき(*_*)。
楽しく粘土で、いろんなものを、一緒につくっていきましょう〜。




こちらにも、コーヒー豆が!
かわゆいです!

ドリッパーをつくるにあたって、オーガニック・フェアトレードのおいしいコーヒーをいれてくださる「春風」さん(Twitter @harukaze226)に、ドリッパーの方法や、ドリッパーの構造穴のサイズなども、教えていただきました。蒸らし方など、なるほどーがいっぱいでした。
陶芸教室で、ドリッパーとコーヒーカップのワークショップをして、「春風」さんに、コーヒーのいれ方ワークショップをしていただけたらなーと、考えています。
ほんとにきてもらうぞーです!



こちらは、梅干しをつけるための、壷を制作中の生徒さんです。
大きいですが、こつこつがんばっておられます。
もちろん、梅もご自分でつけられるそうです。
すごいー!!


私も、陶芸教室をしつつ、いろんな勉強ができます。

こんなカタチは陶芸教室でできますか?と、お気軽にご相談下さい。
また釉薬も16000種類のテストピースがあるので、つくられたカタチに、合う釉薬のご提案などもできます。

季節のお料理にあう、釉薬の色もいろいろあります。
食材や、お料理の色合わせなども楽しんでいただければと、思います。


台湾の雑誌でも、陶芸教室と、お店と、作品が紹介されています。

教室開講は、

火曜日 15:00〜17:00 、 19:00〜21:00

金曜日 15:00〜17:00 、 19:00〜21:00(第2、4のみ)

日曜日 10:00〜12:00 、 14:00〜16:00


1日体験教室(2時間)もしています。
チケット制(4回)あります。

月2回、月4回で、お好きな曜日と時間をお選びいただいて、来ていただけます。
ご参加の場合、前日の21:00までに、ご予約ください。

詳しくはうつわhakuの、ホームページをご覧下さい。

うつわhaku http://696-tako.ciao.jp/









陶芸教室、新入生募集中です!



うつわhaku陶芸教室では、陶芸新入生募集中です。
レトロビルの、開放感のある窓のある陶芸教室です。
少し、フランスっぽい雰囲気?かも。
教室のある、京都堀川五条の増田屋ビルは、昔のフランス映画に出てくるような、雰囲気のビルです。

そんな場所で、新しい年に、新しい気持ちで陶芸を、はじめてみませんか?

まったくの初心者の方も、楽しんでいただけるように、技法などを研究していますので、安心して参加していただけます。

また、うつわの色、釉薬も通常30種類使えますので、いろいろ選んでいただけます。
また、16000種類あるサンプルからお選びいただいて、釉薬調合もいたしますので、ご相談ください。


16000種類の中から選ぶ場合は、好きなお色をお話しいただいて、そのお色の質感など考慮したサンプルをお出しいたします。
(原料入手困難や、焼成が特殊すぎて出来ない場合もございます。ご希望にお応えできない場合もあります。ご了承ください)

食卓に、いろんな色の釉薬が並ぶって、食卓が明るくなって、食事も楽しくなります。

陶芸で、こんなことは出来ないかも?なことも、ご相談いただければ、嬉しいです。
陶芸の、おもしろさや、楽しさを知っていただければなあと思います。

教室では、いろんな技法で、自由に制作していただけます。
最近、生徒さんが制作されている作品は、コーヒードリッパー、お味噌入れ(なんとお味噌もつくられています!)、さかなの平皿、さんまのお皿、8角形、6角形、12角形のお皿(角形の角度などな、削っていく位置などは、下絵をお描きします)、えんとつ付きのおうちの花器(えんとつに、お花をさします。かわいいっ!です)、土鍋、耐熱ココットなどなど、自由に制作されています。

1日陶芸教室や、3回完結の土鍋教室もしています。土鍋も、初心者の方でも3人用の大きさの土鍋をつくれます。

詳しくは、うつわhakuのホームページの陶芸教室をご覧ください。

みなさまの、ご参加お待ちしております。

お問い合わせ

うつわhaku 075-352-2024

〒600−8332
京都市下京区堀川五条東入ル中金仏町215−6
増田屋 ビル3F−D




うつわhaku陶芸教室の生徒さんの、クリスマスのうつわ!と門松も!



うつわhaku陶芸教室では、クリスマスのうつわや、オーナメントを、みなさん楽しく制作されていました。


こども教室の生徒さんは、大きなオーナメントを制作。オーナメントというか、陶板!
クリスマスツリーが、おれるかもです!
赤い部分は、京都で開発された鉛の入っていない上絵の赤絵の具です。環境にもいいし、体にもいいです。



こちらは、トナカイとサンタさん。


釉薬を、塗った時の色はこんな感じです。



門松も、どんな形かなぁーとみんなで、考えたり、私が絵を描いてあげたりで完成!






ヘビ年の、オーナメント。



つるは、おめでたいですね。
線が、かっこいいです。

そして、こちらは、一般の生徒さんの作品。



ツリーのかたちのうつわ。
白い釉薬と、緑色の釉薬を、ゴム液をつかったり、撥水剤をつかとたりして掛け分けしています。

よこ23センチ、たて33センチのツリー。さっそくケーキを乗せた画像を見せてくださいました。制作指導した私も、うれしいー。

楽しいクリスマスになっているのではないでしょうか。
制作の、お手伝いができて嬉しいです。窯の焼きが間に合ってよかったです。

ご自分でつくられた季節のうつわで、楽しい時間を、お友だちや、家族、大切な人と、すごされてみてはどうでしょう。
ご参加お待ちしております。




京都市下京区堀川五条中金仏町215−6
増田屋ビル3F−D

うつわhaku

tel 075-352-2024



土で染まるんです。



陶芸教室では、いろんな生徒さんが、陶芸を楽しんでおられます。
染色店で働いておられる、生徒さんが、うつわhakuの、土で布を染めてくださいました。
土で染めるという技法があるそうです。

うつわhakuで、使っている粘土で、画像のような布の染まりかたになるそうです。
文字は別の土の染料だそうです。
不思議すぎる。
釉薬とにている感じですけど。

そして、その染めの布に、うつわhakuのショップカードのデザインを、描いてくださるなんて、きゅんです。
ありがとうございます。

染色の技法が、陶芸に活かされていることもあるので、とても興味深い染めです。
陶芸教室をしつつも、いろんな勉強になることが多いです。
いろんな人との出会いもあって、おもしろいです。

陶芸教室で、こんなことがしたい、こんなことできますか?など、いろいろご相談ください。
また、アイデアを展開する事も出来るので、ご相談ください。
陶芸のいろいろを勉強してきているので、こんなかたち無理かもでも、出来ることがあります。

職人的に勉強してきたというのではなく、オブジェや、現代美術の勉強をしてきているので、おもしろい提案が出来ると思います。

でも、修行も必要なので、がんばってください。
その方が、絶対楽しいし、達成感とか、充実感がありますし。

教室のご参加お待ちしております。




お問い合わせ

075−352−2024  うつわhaku

E-MAIL utsuwahaku☆gmail.com(☆をアットマークに変えて送信してください)

うつわhaku homepage http://696-tako.ciao.jp 
ホームページに、メールフォームがありますので、そちらからが便利です。3日経っても連絡がない場合は、お電話ください。

うつわhakuの震災支援 「お茶碗お手紙プロジェクト」http://otegami-haku.jugem.jp/

生徒さん募集中です。 ki ・ te ・ ne !



うつわhakuの陶芸教室では、生徒さん募集中です。
初心者の方でも、作りやすい方法を研究していますので、お気軽にお越しください。
見学も、教室時間であれば出来ます。
教室以外だと、ひろすえ先生が、制作をしているところが見れます。
(時々あわわーってなっています。おもしろいですよ。入れないけど・・・)

また、釉薬(うつわの色、質感)も、たくさん研究していますので、つくられたカタチに似合う釉薬の提案もできます。
釉薬のサンプルも16000種類ありますので、好きな色や、質感を相談していただければ、サンプルを見ていただけます。
釉薬で、うつわの完成度も違ってきます。

ご予約、一日陶芸教室、見学、受付中です。
お気軽に、お問い合わせください。


お問い合わせは

うつわhaku

TEL 075-352-2024

e-mail utuwahaku☆gmail.com(☆の部分を、@マークに変えて送信してください)


うつわhaku HOME PAGE

火曜日の、陶芸教室4コマ漫画



増田屋ビルの入り口は、少し入りにくいドアです。
入っても、階段上ってもいいのかな?っていう、ビルです。
ちょこっと不思議な雰囲気のある、ビルです。
どきどきしますが、またもやお店の扉も、どきどきです。

ビルの、どのお店も、作家のお店なので、そんなどきどきがあっても、いいかなと思ってます。

3Fの私のお店と、教室は、ドアの小窓からは見えないけれど、ドアを開けて入ると、大きな窓が気持ちよく広がっています。



しかも、いつも景色が動いてます。



ちょっと暑そうな画像ですが、クーラーかけているので、教室での制作は、心地よく制作できます。

今日は、大阪から教室に来てくださいました。今までで、遠いところからの生徒さんは、アメリカのワシントン、ロサンジェルスから。いろんな生徒さんが来てくださっていて、指導する私も楽しいです。

教室の終わりには、焼き菓子とお茶でほっこりしていただいています。焼き菓子は、焼きにこだわる陶芸家の、ひろすえ先生作。(忙しいときは作れないですが・・・)
この日は、パッケージされた、クッキーをお出しして、「クッキー焼いてパッケージまでしたら大変でしたよぉー」といってしまいましたが、すぐばれました。ちょっとネタでした。

京都の中だけど、京都でないような空間のレトロなビルの中で、陶芸してみませんか?


15日と、17日は終わりましたが、22日の日曜日の午前10:00から12:00は、あと2名です。午後14:00から16:00も2名です。
初心者の方も、お気軽にご参加ください。

ご予約は・・・・・・・・・・・・・・・・

utsuwahaku☆gmail.com (☆を@マークにして送信してください)
3日たっても、連絡がない場合は、お電話ください。

075−352−2024 うつわhaku

うつわhakuの陶芸教室のホームページは・・・こちら




うつわの「衣」



今日は、お店と震災支援活動で、ボランティアさんにお手伝いをしていただきました。

「お茶碗お手紙プロジェクト」のブログもご覧ください。


明日は、陶芸教室です。
みなさん、好きなカタチを作られて楽しんでおられます。


粘土で作ったカタチに、ぴったりな「衣」を提案も、できます。
もちろん、ご自分でお好きな「衣」を選んでいただけます。
衣というのは、うつわの服です。色や、質感。釉薬のことです。

いろんな釉薬を使っていますので、「衣」選びが楽しい教室です。

詳しくは、うつわhakuのホームページをご覧ください。

うつわhaku





ご予約、お問い合わせは・・・・・

うつわhaku 075ー352−2024

E-MAIL utsuwahaku☆gmail.com (☆の部分を@マークにしてく送信してださい)

制作をしているとが多いので、電話つながらない場合は、メールをください。



焼きにこだわってます。陶芸家。




陶芸教室では、教室の終わりに、お茶と、お菓子をお出ししています。
うつわも焼くけど、クッキーも焼く陶芸家です。(制作が落ち着いたので、クッキー復活)
焼きにこだわっています。

乳製品と、卵を使っていない、クッキー。
お砂糖も、てんさい糖です。
小麦粉と、全粒粉、菜種油、豆乳を練っています。
練りにも、こだわっています。
今度、うどん教室にも行って、うどん練ってきます。
そのうち教室の終わりに、うどんが出るかもしれません。

練り10年、ロクロ10年、焼き10年といわれる、陶芸の世界。
いつになったら、一人前になるにょ〜?

ぼちぼちと、積み重ねていきます。
いい作品は、すぐには出来ないです。少しづつ、焦らず。

でも、出来なさそうな事が出来たら、嬉しい。
うつわhakuの陶芸教室では、初心者の方でも、作りやすい方法を研究して、
指導しています。
また、生徒さんに、できるだけ真っ白な気持ちで、お話しできるように心がけています。
以前、パン教室へ行ったら、先入観ありありで話をされて、困ったことがあります。
陶芸家だからでしょうか?
生徒さんの、嬉しいや、楽しい、うつわで、何かが引き出せたらいいなとも思います。

先日も、初心者の生徒さんが、小鉢を作られて、「初めてでも小鉢が出来るってうれしいー!」と、お話ししてくださいました。
そういってくださると、うれしいです。

私が、陶芸教室を開講した4年前は、大好きな陶芸を楽しんでもらえるには、どう指導するといいのかと、試行錯誤で悩む事が多かったのですが、いろいろ研究して作りやすい方法を指導できるようになりました。
釉薬を掛ける方法も、コンパクトにしているので、ご自宅で作陶をしたい方も、出来ると思います。

陶芸は、頭と手を使って、カタチを作っていくので、ストレス発散にもなります。
すっきりします。

いろんな人に、陶芸の楽しさや、おもしろさを、いろんな人に知ってほしいなぁと思っています。

世の中が、とっても速いスピードですぎていくことが多いので、粘土時間は、ちょっともどかしいかもしれないですが、自然素材に触れると、自然の一部である人は元気になれるような気がします。

自然素材をつかっている、陶芸家や、日本画家さんは、長生きしている人が多いので、そうかもです。

初心者の方も、たくさん参加されていますので、初心者の方も安心してご参加していただけます。
上級者の方も、いろんな技法、釉薬を研究しておりますので、作りごたえがあるものが、つくれますので、お気軽にご相談ください。

ご予約は、メール、お電話で、お願いいたします。



メール  utsuwahaku☆gmail.com (☆をアットマークに変えて送信してください)

電話 075−352−2024

詳しくは、うつわhakuのホームページをご覧ください。
ホームページでは、メールフォームで、送信できます。


最近の陶芸教室のようす



このところ、展覧会やイベントで大忙しだったので、陶芸教室のお知らせなどが出来ておりませんでしたが、しっかり教室しております。

でも、平日は、とっても空いているので、恥ずかしがり屋なあなた、年末の大忙しで少し息抜きしたい方、うつわhakuの陶芸教室は、陶芸の技術ももちろんしっかり習得できて、心地よい空間で制作を楽しんでいただける教室です。
大きな窓が、気持ちよい教室です。

自分で作ったうつわを、毎日の生活で使ってみると楽しいし、おいしいです。
また、ここをこうしたらどうなるんだろうとか、いろいろアイデアや、想像も広がるかと思います。
また、作りたいもののアイデアは、色々相談していただくことも出来ます。
お話ししていくと、アイデアは広がっていきます。



土鍋教室も、しています。
タジン鍋もつくれます。
画像にある、タジン鍋の取っ手は、雪だるまや、ハートの形になっていて、その形の後ろに、湯気がでる穴があり、煮えると、雪だるまの後ろから、湯気が~!吹雪のようにみえます。ハートは、ほわほわにあつあつです。
魚の口から、湯気がでる土鍋も、8歳の生徒さんが制作されています。
みなさん、とっても楽しく制作されています。
時間はかかりますが、時間がかかった分、焼きあがってからの喜びや楽しさは、大きいです!


そして、生徒さんの作品の画像もたくさん増えてきたので、そろそろ、生徒さん作品展も考えています。


土鍋教室は、制作に1ヶ月近くかかりますが(成形2回、乾燥して素焼をしてから釉薬掛け1回)、使う楽しさはずーっと。

みなさんの、お越しをお待ちしております。

お問い合わせメールアドレス変わりました。
utsuwahaku☆gmail.com (☆をアットマークに変えて送信してください)
075−352−2024

<< | 3/10PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

search this site.

archives

links

Instagram

profile

search this site.

others