カフェ&ギャラリー「タイム堂」さんでのコラボレーションでの制作発表。

 

 

 

前回のブログの更新からぱたぱたしすぎていて

更新が出来ておりませんでした。

 

SNSではいろいろお知らせしていましたが

やはりBlogでまとめて見ることが出来るって

大切だなあと改めて思いました。

 

うつわhakuのお店が出来る前から

書いているうつわhakuの歴史がわかるBlogです。

時々滞ったりしますがここまで滞ったことはありませんでした。。。。

楽しみにしてくださっていたみなさまスミマセンでした。

 

ここ数ヶ月は、西宮阪急さんでの展示販売、東京 Picaresqueさんでのイベント

東京自由が丘タビビトリオギャラリーさんでの展示参加もしつつ、

京都 烏丸丸太町に新しく出来るカフェ&ギャラリー「タイム堂」さんでの

プロダクトコラボレーションで釉薬彩色焼成の担当、

NHK連続ドラマで俳優の柄本明さんに

陶芸指導をさせて頂いたりなどで制作に追われておりました。

 

 

コラボレーションは今年の春から始まっていて

いろんな実験をして試作品を制作したり、製品化したりぱたぱた。

そしてようやくプロダクトも完成に近づいてきました。

 

 

 

12月17日に「タイム堂」さんがグランドオープンです。

 


 

入り口すぐの棚にカップが並ぶかわからないけれど、

棚に並んでいるカップなどに釉薬色彩調整と焼成を担当させて頂きました。

京都の景色や色彩をテーマにデザインされています。

 

 

 

12月12日には 18時〜20時までレセプションパーティーがあります。

タイム堂さんのお料理を監修された大阪の「foodscape!」さんの

ケータリングでお料理も楽しんでいただけます。

 

私もお料理の監修をされたfood scape!の堀田さんのお店の

ひとつ大阪 中之島にあるスモーブローキッチンで

お野菜のお料理をいただきましたが、とってもおいしくて盛り付けも素敵です。
陶芸家としてプロジェクトでご一緒できて嬉しいです。

 

 

レセプションパーティーは、どなたも参加できるので、

ぜひぜひいらしてくださいね!

 

お待ちしております!!

 

 

 

 

また、Blogで更新出来ていなかった展示や

NHKドラマでの陶芸指導、ドラマで使用された

うつわについて更新していきます。

 

 

うつわhaku HP  http://utsuwahaku.strikingly.com/

現在制作のためお休みしております。

12月16日(金)、18日(日)23日(金)、24日(土)、25日(日)

は13:00〜18:00OPEN予定です。

 

京都市下京区堀川五条東入る中金仏町215−6

増田屋ビル3F-D

 

075−352−2024

  

 

 

 

 

JUGEMテーマ:陶芸

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:日記・一般

 


秋の植物

 

 

 

ひょひょろ伸びてる植物とひょろひょろした木を見つけては生けたり。

 

秋はひょろひょろ植物が多いので生けるのが楽しみです。

 

さかなに植物を支えさせています。
植物が部屋や空間にあると「ほっ」とします。

 

食卓にもあると、ゆっくりとした時間がすごせそうです。
 

 

 

 

さかなの花器にある絵ですが、絵付けも時々しています。

 

 

絵付は呉須という絵具で描いていますが、

 

 

絵付けを少しにじませる安南手という釉薬を

 

 

この5年ぐらい実験と調整を繰り返しています。

 

 

赤い実の植物はかなり大きいので

 

 

増田屋ビルの階段にも置いて雰囲気をみたり。

 

 

秋の植物をいろいろ花器に生けていますので

 

ぜひぜひうつわhakuで体感して頂ければとおもいます。

 

 

 

 

うつわhaku HP  http://utsuwahaku.strikingly.com/

 

営業日 火、金、土、日、祝  13:00〜18:00

 

うつわとお料理の余白を大切にうつわをつくっています。

 

オーダーメイドも承っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

#陶芸 #アート #花器 #京都 

#ceramic#art  #vase #kyoto  #Japan

 

 

 

 

 


中目黒「Picaresque」さんにて作品のお取り扱いをして頂いております。

 

うつわhakuの作品のお取り扱いをしてくださっている

東京 中目黒「Picaresque」さんの出張展示販売が8月15日から21日まで

東京 東急プラザ表参道原宿店表参道ハンズビーで開催されました。

 

 

Picaresqueさんでは、現代美術、絵画、立体、工芸、陶芸、様々なアート作品、

日常にちょうどいいアートの展示販売、提案をされておられます。

 

 

うつわhakuの作品も日本のお客様、シンガポール、香港、オーストラリアの

お客様が購入してくださったそうで、びっくりうれしいです。

 

 

 

また8月から作品をご購入のお客様にお渡ししているうつわhakuの陶歴も

新しく英語日本語版を制作したばかりだったので、

海外の方にもうつわの余白についてのことなど知っていただけて嬉しいです。
お越しいただきありがとうございました。

 

引き続きPicaresqueさんで作品をお取り扱い中ですので、

ぜひぜひPIcaresqueさんへ日常にちょうどいいアートを探しにいってみてください!

 

 

 

 

 Picaresque    https://www.facebook.com/picaresquejpn/?fref=nf&pnref=story

 

 

 

 

うつわhaku HP  http://utsuwahaku.strikingly.com/

営業日 火、金、土、日、祝  13:00〜18:00

うつわとお料理の余白を大切にうつわをつくっています。

オーダーメイドも承っておりますのでお気軽にご相談ください。


#Picaresque #陶芸 #アート 

#現代美術 #花器 #ソープディシュ 

#お箸置き #京都 #東京 #中目黒  

#東急プラザ表参道原宿 #ceramic

 #art #fineart #vase #soapdish#kyoto 

#tokyo #nakameguro #Japan

 

 


大阪でのうつわhakuのお取り扱い店様のお知らせ。

 

 

 

今年7月16、17日にうつわhakuも参加させて頂いた、

大阪 中津「PLAY」さんでのイベント「素材の料理屋さん」の

企画されたテキスタイルブランド「多分絶対」さんの

大阪での新店舗に、うつわhakuの商品のお取り扱いが始まります。

 

 

「多分絶対」さんとは、3年前に京都 清水五条坂にある

テキスタイルブランドの「HINAYA 」さんでの古着をリボーンする企画

「Re:」(リコロン)でご一緒させて頂いてからのご縁です。

(うつわhakuは陶器のボタンを制作させて頂きました。)

 

 

9月4日(日)OPEN です !

『maybe tabunzettai』

Twitter https://twitter.com/tabunzettaishop

 

 

〒大阪市西区靱本町1-18-12飾大ビル203号室

open 月火水11時−18時30分・土日11時−19時
close 水木
9月4日から8日までは毎日営業されます。

四ツ橋線 本町駅から徒歩2分〜3分
御堂筋線 本町駅から徒歩4分〜5分

 

 

靱公園の近くのお店です。

多分絶対さんの新店舗でどんな展開がはじまるのか、

OPENがとても楽しみです。

お洋服だけではなく、お洋服と日常もとても大切にされている

テキスタイルブランドさんです。

 

ブランドの藤原さんと西尾さんの、ものづくりのお話しの中に、

日常で大切なことが多くていつもじーんとする陶芸家です。

 

ぜひぜひいらしてくださいね。

 

 

 

utuwahaku HP  http://utsuwahaku.strikingly.com/

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:陶芸

 


陶芸の技術指導をさせていただきました。

 

 

生徒さん作品「20個の仮面」

 

 

毎週土曜日の午前中はこども陶芸教室を開講していますが、
先日は兵庫県川西市の幼稚園の先生2名の方が

陶芸研修でこども陶芸教室に参加されました。

うつわhakuのHPにある私の生徒さんの作品がおもしろくてかわいいのでと、

どのように指導しているのか、成型方法、釉薬の扱い方、窯についても、指導。

こどもさんのアイデアの出し方やあり方について、

教室で指導していることをお話ししました。

 

 

生徒さん作品

 

 

陶芸研修では教室の生徒さん達と一緒に先生たちにも制作して頂きました。

技法に縛られると個性が出にくくなってしまうので、

こども教室では技法は最小限で、今興味があること、

読んでいる本のことなどをお話をしつつカタチにしてもらっています。

 

こども陶芸教室の生徒さんに陶芸を指導していて、

割れたり、亀裂が入っても、頭の中にあるイメージが

カタチになることがこどもさんにとって、

とってもおもしろいことなんだなあと

指導していて感じていることなどもお話し。

 

ところで、幼稚園には160人近くのこどもさんがおられるそうで、

たくさんのこどもさんに陶芸の面白さやものづくりの

面白さを知ってもらえるといいなあとか、

毎日使っている陶器のごはん茶碗と食に関する事もこどもさんたちに、

先生を通じて知ってもらえたり興味を持ってもらえたら、さらにいいなあとかも。

 

 

 

生徒さん作品「家の近くのカフェの犬のさくらちゃん」

 

幼稚園の先生に陶芸の研修をするかどうか

はじめてのことでどうしようかなあと思いましたが、

陶芸についてお話しや指導をさせて頂いてよかったと思います。

こういった教育などに関してもこれからしていこうと思います。

 

 

 

生徒さん作品の石膏型。

画像は動物の模型を粘土に押しつけて石膏取りしたもの。

右は模型などを押しつけた原型。左が石膏型。

これをつかって制作がいろいろできます。

たとえば石膏型の方に作品にする粘土を押しつけて型取りして

装飾に使ったりも出来ます。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:陶芸

 

 

 

 

 

 

 


死を思うこと。生きること。




5年前に制作させて頂いた京都岡崎にある
「cafe mementomori」さんの直径30cmのプレート。



「mementomori」の意味は「死を思え」。
カフェでその言葉、感慨深いです。
そのイメージを考えながら5年前に
プレートを10種類作らせて頂きました。

  cafe mementmori   http://mementmori.net

「cafe mementomori」さんのプレートをつくる随分前から
「生きることは食べること。いのちを繋ぐ食を盛りつけるうつわ。」
とうつわの余白を思いながらうつわをつくっていますが、
死を思う時、生きることが際立って見えるのではないかなとか思います。




たまたま見ていた本に、私がつくったうつわが。
「cafe mementomori」さんの記事でした。
5年前につくっていても、自分がつくったうつわは
一瞬でもすぐわかるので、一瞬なのに自分でもびっくりしてしまいます。

そしてなぜか、この記事を見つけてから
「神様メール」というベルギーの映画を観に行ったら、
死をおもう生き方と選択のお話で、
不思議な感じになりました。

死を思う、余命を知らされてからの人の選択が
描かれている映画で波はあるけどコメディーです。
観終わった後清々しい気持ちになりました。

ベルギーでは、「マッドマックス 怒りのデスロード」を
越えるヒット映画だそうです。
私も、デスロードを越えてると思いました!
おすすめです。





そして、この本もおすすめです。
ぜひぜひ本でmementmoriさんのお店をみて
お店で疎水の気持ちいい景色も見つつ、
おいしいお料理とお菓子でほっこりしに行ってみてください。

梅雨入りをして曇り空でじっとりする空気がまとわりつきますが
身体にいいものを食して暑い夏に備えねばです。
お身体ご自愛くださいませ。





 
JUGEMテーマ:陶芸

釉薬相談と実験研究







またうつわの「こおり」に氷のような結晶が出なくなってきたので、
京都市伝統産業技術センターで釉薬相談していましたが、
自然の理って・・・・3回ぐらい同じ事を言ってしまいました。
この結晶のテストピースをこの1年で
200枚ぐらい(商品でなくて)焼いてるかもです。

そのおかげで、この熔け方だと結晶構造の中でどういうことが
起こっているのかがかなりわかってきました。
製品化してからたくさん焼いていましたが、
たくさん焼くことで出てくる問題もあり、
なかなか時間がかかりますが、
自然の理をいろんな角度から研究してきて、
釉薬の粒子、光の屈折、反射、光の現象と
可視することについてまた違う角度で見えてきたような。





上のような結晶も窯の中に置く位置によってでます。
この結晶も気に入っています。ただ、近いものは作ることが出来ますが
同じようにはでないので、自然素材の面白さではないかなと思います。

自然のつくり出す造形にはかなわないですが、
自分の感覚の作為と自然の造形美が
うつわに熔けこませればと思います。

実験と研究は製品化しても続きます。



うつわhakuHP     http://utsuwahaku.strikingly.com/










 
JUGEMテーマ:陶芸
JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:日記・一般

KYOTO GRAPHIE 京都国際写真祭でインタビューを受けました





展覧会を観に行ってインタビューを受けました。

京都で開催中の写真の展覧会
「KYOTO GRAPHIE international photography festival 」で、
いのちが透けてみえるプランクトンを撮影されているクリスチャン・サルデ、
幻想的なはかない一瞬のような作品を撮影されているサラ・ムーン、
を観に行ったら展覧会についてインタビューを受けて
写真も撮影していただいたのがKYOTO GRAPHIEの
クロージングのwebで紹介されるそう。
びっくり。

写真を読むと、会場を出たあといろんな景色が写真のような、
映画のように見えるのがおもしろいなあと、
各会場への移動中も楽しめる展覧会です。
ぜひぜひいってみてください。

サラ・ムーンさんの展覧会場「ギャラリー素形」さんへ行ったら、
本日の100人目でした私。
サラ・ムーンさんの作品を「ギャラリー素形」「何必館 京都現代美術感」
「招喜庵 重森三玲旧邸宅」新旧たくさん観ることが出来て、
いろんなことを思ったり。





「招喜庵 重森三玲旧邸宅」でのサラ・ムーンさんの
写真の展示は建物の光がやわらかく美しくて、
光の粒子が写真の色の粒子と美しく反応しているようでした。
見えていることって粒子の重なる現象なのかなと思ったり。

四角い箱のギャラリーだったらまた違う見え方になるのかもしれません。
 

KYOTO GRAPHIEは5月22日まで。
http://www.kyotographie.jp



 

JUGEMテーマ:アート・デザイン


 

togetogeの釉掛け



粘土で成形。

とげとげのところを、折れそうぎりぎりのところまで削っています。






乾燥して800℃で素焼したのち、
目とひげを絵付けしました。
素焼をすると、ねずみ色からピンク色へ変化します。
本焼をすると白になる粘土です。




顔には釉薬を掛けないで焼き締めという焼きにしたいので
撥水剤を顔に塗りました。青ざめています。。。。。。

撥水剤は、釉薬や水をはじくラッカーのような塗料です。




釉薬を掛けました。
焼き上がるとへこんでいるところは白マットに、
少しでっぱっているところ淡い黄色になります。

1230℃で焼成します。
窯で焼成するときには、このとげとげを垂直に窯の棚板に設置しないと
重力で曲がってしまうので、垂直になるように設置します。

1100℃ぐらいで粘土が熔けたガラスのようになるので
(熔けたガラスよりは粘性が高い)棚板ととげとげが平行な状態で
設置して焼成すると地球には重力もあるのでぐにゃんって曲がってしまいます。

1000℃をこす窯の中では日常では感じられない、起こりえない状況が
窯の中で自然素材の特質がでるので、陶芸って物理や化学だなあと思うところ。



その後焼き上がったtogetogeの白マットの表面に銀液を塗って750℃で
焼成してぎらぎらにします。




「togetoge」の横。

このままの雰囲気もいいなあと思うけど、
このままだと釉薬がぼろぼろしてくるので
さわっても白い粉が付くので、
焼きます。

砂糖菓子のような感じで美味しそうです。
こんな雰囲気の釉薬を実験をしてつくってみようと思います。


「togetoge」の焼成は後日。



utuwahaku HP  http://utsuwahaku.strikingly.com/
 

ことばに出来ないこと。



普段の制作以外にも、やっぱり形を作るのが好きなので、つくった「とげとげ」。
やっと、とげとげに、目とひげに絵付けしました。
このあと釉薬を掛け分けするためにマスキングなどしていきます。

普段の制作以外でつくる形、普段の制作の時でも
ことばにできない部分というのがあります。

それって説明できた方がいいのかなあとか、いろいろ思いましたが
すべてことばに出来たら形はいらないのではないのかと思ったり。


ところでそんな時に、「飜訳できない世界の言葉」
という本を読んでことばと形についておもうことなど。


日本語は言葉の数がとんでもなく多い国ですが、
そんな言葉を文化を考慮しても世界の言葉に飜訳しきれないことが
たくさんあるようで、言葉ってなんだろう、伝えるってなんだろうと、
謎も深まりましたがおもしろい本でした。
イラストも素敵な本です。

つくった形は(絵でも)、ことばに出来ない(言語に翻訳できない)ことが
形になっているのかもしれない。

やさしさや気持ち、大切な気持ちは言葉には出来ないのかも
しれないのかなあと、本を読み終わって想ったり。

そして、今は寝る前にこっそり人の日記を読むのを楽しんでいます。
(出版されている本です笑)






うつわhaku  HP      http://utsuwahaku.strikingly.com/











 

<< | 2/111PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

search this site.

archives

links

Instagram

profile

search this site.

others