釉薬の研究  



 

今年も京都陶磁器研修会で技術移転、
実用開発事業などに参加して研究しています。

 

今日はこれ以外にも、自分の辰砂の研究について
わからないことがあったので試験所で質問。
まさかの作用による反応が起こっていたのでびっくりでした。 


自然素材の釉薬の化学反応は、
うつわの形で正しく反応していて
すごいなあと感心したりも。
そう考えると、うつわの形も
その反応に合わせて
変えて実験も思いついたり。

窯の蓄熱のありかたについて
考えたりしてこなかった。

 

ずっとガスや酸素濃度の影響かと
思っていたのにまさかだったけど
詳しくは企業秘密。


なんか数年泥で顔を繰り返し
洗ってきれいにならないなあを
繰り返していたような・・・・



それがあったおかげで
微細なガスの調整が出来るように
なったと思うのでいろいろな方向が広がります。




うつわhakuHP  http://http://utsuwahaku.strikingly.com/


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

search this site.

archives

links

Instagram

profile

search this site.

others