陶芸教室の生徒さん作品紹介



しばらく陶芸教室の生徒さんの作品を紹介できていませんでしたが、
いろんな作品を制作されてます。




1日陶芸教室に千葉から観光で京都に来られて教室に参加されました。
チェキ用のフォトフレーム。
チェキを切らずにそのままフレームにはめ込むことが出来ます。

去年から3時間制作も出来るように教室時間を変更したので
時間がかかる彫りなどもしていただます。
1日陶芸教室は2時間ですが、つくりたい形によっては
3時間の参加も可能です。





急須。
既成の竹の持ち手が取り付けられるように
粘土の焼成収縮を計って制作しています。
注ぎ口はとても小さいので、くりぬき技法で制作。
急須の蓋の持ち手は、銀彩をしています。
キラキラしています。




黒い液体を塗っていますが、これを760℃で
焼成すると銀色に変化します。





魚のお皿。
魚の胴の部分?には布の布目模様を押しつけて
表面に模様をつけています。
縁には、銀彩をしています。
このお皿が乗る大きなおさらも制作されています。





制作された御抹茶碗を炭化焼成。
炭化焼成の様子。




炭化焼成はさやという箱に炭を適量入れて蓋をして
焼成します。





すり鉢。
なかなか欲しいサイズと色のすり鉢がなくてと制作されました。
すりやすいように、重めに形を作る提案をしました。




好きなかたちを制作して頂いています。
ご自身でつくったうつわだとお料理も楽しくなりますし、
食もさらに美味しくなります。

日常使ううつわがどのようにつくられているのかがわかると
また、うつわ選びも今までと違う見え方などが出来て
おもしろいと思います。
使い方も変わるかもしれません。

またうつわ以外を制作されても、陶で制作すると
ものの見え方も、手仕事への思いも変わるかもしれません。


つくってからの日常の余白も楽しんで頂けるといいなあと
教室では形や色(釉薬、上絵、下絵)や様々な技法など提案していますので
お気軽にご相談ください。


haku HP  http://utsuwahaku.strikingly.com/














 


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

search this site.

archives

links

Instagram

profile

search this site.

others