今回の祇園祭の蟷螂山の制作。



今年お客様から制作させて頂いている祇園祭の蟷螂山ですが、
以前制作させて頂いた蟷螂山とは違う演出で制作しています。


風が吹き抜けていくような、夏の祇園祭の京都の街を
駆け抜けるような爽快な雰囲気が出せればと制作しています。
 


織りや、装飾紐などで、爽快な雰囲気を少しづつつくっています。
乾燥を全体的にしていかないと亀裂が入るので気温や湿度などで
制作進行を早くしないといけなかったりで
形が出来上がるまで気が抜けません。
また、形が出来上がったら彩色していきます。

昔の色彩は夜ろうそくの光でも楽しめるように考えられて
彩色されているので、いにしえの光に思いをめぐらせます。
 



車輪の部分。彫り起こしています。


 


花車は乗せられるようにしています。
花車の上に、かまきりが乗ります。




部分によっては織物で、ひらひらとした布ではないので、
重みのある感じで風になびくとどうなのかなど
考えつつ形をつくっています。
 



ちなみに、祇園祭の蟷螂山。
これを陶で制作しています。

更新した部分は山の部分ですが、
かまきり部分や、花車も制作しています。
かまきりもぱたぱたさせようと思っています。

陶器なので、今にも動き出しそうな形でということです。
その方が、想像感というか、
形にうきうきやワクワクがあって
ちょっとチラリズム的な感じが
おもしろいんじゃないのかなとか考えています。





そして、こちらは前回制作させて頂いた蟷螂山。
夏なので、涼しげな釉薬で制作しました。
また装飾は、いんちんという技法で装飾しています。

いんちんというのは、中国の彫りの技法です。
彫った部分に釉薬がたまって、
織物に描かれた絵などが浮かび上がります。



祇園祭の制作もしていますが、うつわのオーダーや、
定番商品の制作も同時にしています。
いろんな制作が出来ておもしろいです。
ひきつづき、がんばります。




 http://utsuwahaku.strikingly.com/


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

search this site.

archives

links

Instagram

profile

search this site.

others