伝統技法も作品に使っていただいています



うつわhakuこども陶芸教室では、京都の伝統的な上絵付けなども、作品に提案しています。




京都の陶芸教室なので、こども教室でも京都の伝統的な技法なども知って、使ってもらえたら、さらにものづくりが楽しくなるかとおもいます。

先週の土曜日のこども陶芸教室では、集中して絵付けされていました。

生徒さんは、色の使い方なども、自由に使えるようになってきたように思います。

いつも、楽しく制作されていて、今興味のあることを楽しそうに話して下さいます。

そう君は、ミヒャエルエンデさんの物語が今興味があることだそうで、物語に出ていた言葉の「OSORERUNA(おそれるなってローマ字でかくとどうなるの?と教えてあげました)」という言葉を、亀を粘土でつくってそれに言葉を書いておられました。

本は、イマジネーションが広がりますね。






http://696-tako.ciao.jp/http://696-tako.ciao.jp/






calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

search this site.

archives

links

Instagram

profile

search this site.

others