展示作品制作の途中経過…




展覧会へ向けて制作しています。
間に合うのか心配です。
もう19日・・・うわ〜です。

かなり大きい作品で、みなさん驚 かれます。

窯の 心配もされますが、窯は大きいのがあるので焼けます。


山の中のhaku窯。マイコンがついていない手動です。
大きな作品は、コンプレッサーで釉薬を掛けます。
増田屋ビルには置けないです。



レトロな温度計。
14時間かけて焼きます。1時間につき100℃上げていきます。
途中いろいろ温度操作して14時間。
熱で、物質が化学変化していくには、時間がかかります。



ところで、展覧会は9月16日から21日まで、大阪本町「ギャラリー メゾンダール」さんにて。

「うたげ 中秋の名月をめでる」

陶 ひろすえたかこ× 絵 makomo

special thanks 和菓子作家 日菓

フランスパリ支店でも、紹介されています。東京銀座でも。

http://www.dab.hi-ho.ne.jp/musee-ange/exhi.htmlhttp://www.dab.hi-ho.ne.jp/musee-ange/exhi.html


オブジェ作品は、楽しくて、かわいさと、笑いを混ぜて作っています。
笑いは、人との距離を近くしてくれます。

作品から、そんな距離や繋がりができたらいいなと思います。


I produce it for an exhibition.
I am anxious in time.

It is surprised at a considerably big work everybody.

It is worried about the kiln,but the kiln is burnt because there is big one.

Mix pleasure and prettiness,laughter,and make it.

The laughter makes the distance with the person near.

Even if cannot communicate in a language,tell the work.



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

search this site.

archives

links

Instagram

profile

search this site.

others