死を思うこと。生きること。




5年前に制作させて頂いた京都岡崎にある
「cafe mementomori」さんの直径30cmのプレート。



「mementomori」の意味は「死を思え」。
カフェでその言葉、感慨深いです。
そのイメージを考えながら5年前に
プレートを10種類作らせて頂きました。

  cafe mementmori   http://mementmori.net

「cafe mementomori」さんのプレートをつくる随分前から
「生きることは食べること。いのちを繋ぐ食を盛りつけるうつわ。」
とうつわの余白を思いながらうつわをつくっていますが、
死を思う時、生きることが際立って見えるのではないかなとか思います。




たまたま見ていた本に、私がつくったうつわが。
「cafe mementomori」さんの記事でした。
5年前につくっていても、自分がつくったうつわは
一瞬でもすぐわかるので、一瞬なのに自分でもびっくりしてしまいます。

そしてなぜか、この記事を見つけてから
「神様メール」というベルギーの映画を観に行ったら、
死をおもう生き方と選択のお話で、
不思議な感じになりました。

死を思う、余命を知らされてからの人の選択が
描かれている映画で波はあるけどコメディーです。
観終わった後清々しい気持ちになりました。

ベルギーでは、「マッドマックス 怒りのデスロード」を
越えるヒット映画だそうです。
私も、デスロードを越えてると思いました!
おすすめです。





そして、この本もおすすめです。
ぜひぜひ本でmementmoriさんのお店をみて
お店で疎水の気持ちいい景色も見つつ、
おいしいお料理とお菓子でほっこりしに行ってみてください。

梅雨入りをして曇り空でじっとりする空気がまとわりつきますが
身体にいいものを食して暑い夏に備えねばです。
お身体ご自愛くださいませ。





 
JUGEMテーマ:陶芸

美容室さんでお使いいただくカップを納品しました。200個目かも。




三重県にある美容室さんより、オーダーを頂きカップを制作いたしました。

春から夏にかけて使いたいカップで、パーンとはじけるような、
ビビッドな色でというオーダーを頂き制作しました。
実際のカップの黄色は、もっとビビッドな黄色です。
内側はやわらかいベージュ。


この三重県の美容室さんからは3年前から
季節ごとにカップの制作をさせて頂いているので
この黄色のカップで200個を越えるオーダーを頂いています。


美容室のイメージや、店舗の雰囲気にあわせて
釉薬の色、カタチなどを考えて制作しています。




お店のロゴも石膏でスタンプを制作し押しています。
春のイメージなので軽やかな形にしました。






ハンドルのあるカップは右2個は
秋冬のイメージであたたかい雰囲気でというオーダーを頂きました。
素地も荒い土で質感も変えています。

右から3番目は去年の春にオーダーをいただいたカップ。

今回制作した黄色は、今までの中で一番ビビッドな色になっています。


うつわhakuの実店舗でも展示をしていますが
ご覧になられた方が、パーンとした感じですね!
とお話し頂きオーダーをくださったお客様も
パーンとした感じに制作してくださいというオーダーでしたので
「パーンが伝わったー!」と作り手として
イメージが伝わって嬉しくなりました!







カップの内側の色も飲み物とでその季節似合うように釉薬を作っています。
秋冬だと内側も少し濃い色で飲み物とカップの色の余白が
あたたかくうつるように考えています。



フルオーダーの場合は、釉薬の色の調整実験にお時間がかかることも多いので
お時間に余裕を持ってオーダー頂きたく思います。

お気軽にご相談ください。





うつわhakuHP  http://utsuwahaku.strikingly.com/



JUGEMテーマ:アート・デザイン

オーダーメイドのうつわについて



うつhakuでは、オーダーメイドのうつわなどの制作も承っております。

店舗用も、今までにいろいろつくらせていただいています。
お店のロゴも入れたりもできます。
画像は、三重県にある美容室様寄りご注文を頂いている、
お客様にお出しするフルーツティー用カップの
ご依頼を頂き制作中です。

フルオーダーの場合は、デザイン制作の時間もかかりますので
少しお時間をいただいて制作させて頂いております。
定番の商品の形で、釉薬を変える場合も
お時間を頂く場合がございます。


お誕生日のお祝い、ご結婚のお祝い、引き出物、還暦のお祝い、
いろんなお祝いのうつわを、制作させて頂いています。


釉薬も19,000種類ありますので、
とっておきの「うつわ」をプレゼントしてみませんか?




陶の立体看板も制作しています。
京都 五条新町 つくるビル「マルニカフェ」さんの
たい焼き看板も制作させて頂きました。

ちなみに「マルニカフェ」さんは、
関西の情報誌「SAVVY3月号」にも紹介されています。
また、今月から美味しいたい焼きが
お持ち帰りできるようになったそうです。



オーダーメイドの制作、お気軽にご相談下さいませ。



うつわhakuHP      http://696-tako.ciao.jp/

うつわのオーダーメイドについて



今日は、突然雨がふってきて、アイビーの葉っぱの傘では、びしょびしょいなってしまいました。

でも、水たまりはキラキラ。

植物と、水と、魚の世界が広がっていく花器です。


うつわhakuでは、オーダーメイドのうつわ制作もしています。

お箸置きのちいさなものも、石膏型からおつくりいたします。1,000円から。

カップも、1つ 1500円から承ります。

納期は1ヶ月半から2ヶ月で、制作するものによって変わります。

詳しくは、お問い合わせください。
HPから、メールフォームがありますので、そちらから送信していただけます。



うつわhaku http://696-tako.ciao.jp/うつわhaku

オーダーメイドのうつわ



どんぐりが大好きな、お客様からどんぐりのうつわのオーダーをいただきました。

「かわいいどんぐりのうつわ」というお話からイメージを絵に描いて、制作しました。



いろんなどんぐりを見て、かわいいところをカタチに取り込みました。自然のカタチは、美しいし、かわいいです。


どんぐりのかさの部分。


カタチをつくって乾燥に3週間かけて素焼8時間後、釉薬を掛けて本焼1230℃。



先程窯に入っていた赤い部分は、茶色になりました。酸化鉄の化学反応。


とりが、どんぐりにとまってます。


完成。
ケーキ皿とメインプレートを、お作りしました。

あるといいなあというカタチを絵に描いて、お作りすることもできますので、お気軽にご相談くださいね。


お問い合わせ

うつわhaku

京都市下京区堀川五条東入る中金仏町215-6増田屋ビル3F-D

075-352-2024

ホームページ http://696-tako.ciao.jp/

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

search this site.

archives

links

Instagram

profile

search this site.

others