JR 東海ツアーズさんの「若手職人の手仕事の現場を訪ねて」にご紹介頂いています。

JUGEMテーマ:陶芸




JR東海ツアーズさんのウェブサイト
「 京都を見る 若手職人の手仕事の現場を訪ねて 」

うつわhakuもご紹介いただいています。
(文字をクリックして頂くとサイトをご覧いただけます)

陶芸、革、染織、の京都の素敵な作家さん3人とともに
うつわhaku ひろすえたかこもご紹介頂いております。

制作風景も出ていますが、筆や道具、粘土を持つと人格変わっているかも笑。
取材の時でも、道具などを持つとふっと制作のスイッチが入って集中します。
日々の積み重ねなのかなあと思ったり。
普通に右手で筆を持って撮影して頂いているのですが、
筆とか、造形するときとか左利きです。
絵的にここは右手かなあとか。。。


取材をうけると、自分のこれから、今までを客観的に
見るような感じで、気持ちが引き締まります。

ライターさんとのお話をしている間に、あっそういうことかも
と制作についてひらめいたり。
感謝です。

これからも日々精進してまいります。

ぜひぜひご覧ください。




うつわhakuのHPも更新中です。

うつわhakuHP  http://utsuwahaku.strikingly.com/





 

掲載誌のお知らせ








掲載誌のお知らせ。

 

12月10日発売の「京都の手みやげと贈り物」(朝日新聞出版社発行)
うつわhakuのうつわもご紹介頂いています。
自然がつくり出す結晶が美しい「こおり」も
はじめて誌面で紹介して頂いております。



京都の定番や、特別な日、魅力的な手みやげと
贈り物をご覧頂ける本です。

 

贈り物の季節、クリスマス、帰省、お正月、新年のご挨拶にと、
贈られる方が楽しんで下さる、また贈る側もあれこれと想いが楽しくなる1冊です。





ぜひぜひお手にとってご覧下さい!





 

JUGEMテーマ:アート・デザイン





 


掲載のお知らせ





web magazine「チルチンびと広場」にて、うつわhakuの店舗
商品などをご紹介頂いています。


是非ご覧下さい。

チルチンびと広場


うつわhakuの営業日についてですが、
制作に集中させていただきたいので、
しばらくの間営業時間を変更させて頂いております。

金  土  日  13:00〜18:00

とさせていただきます。
さらによいものを制作出来るように精進して参ります。
今後ともよろしくお願いいたします。


詳しくはうつわhaku HPをご覧下さい。

うつわhaku HP
 

京阪電鉄「KPRESS 9月号」さんに紹介していただいています




前回の更新が7月だったのでびっくりしました。
7月、8月、9月も制作がんばっています。
書くネタはいっぱいあります!!
もうちょっとblogも更新していきます。
Facebook、Twitterは日々こちょこちょ制作日記的な更新していますので
ちゃんと働いているかを確認したい方はぜひSNSでチェックして下さい笑。



ところで、掲載誌のお知らせです。
株式会社京阪電鉄「KPRESS」さんの特集に掲載して頂いています。
「京都・五条まちなか案内」で五条通りの様々な
お店が紹介されています。
増田屋ビル うつわhakuも京阪「清水五条」駅から少しありますが
ちょこっと紹介して頂いています。
京阪電車の各駅、京阪百貨店等で配布中です。


カフェ、作家のお店、銭湯、などなど訪れた日によっても
楽しみ方が違うと思います。

増田屋ビルは京阪電車清水五条駅から徒歩20分ですがその道のりで
街の景色も楽しんで頂けると思います。

え!ここなの!こんな所にあった増田屋ビル!な場所ですが、
作家のお店だったらそんな場所でもおもしろいかなあと
思うので(探検みたいな感じ笑)是非お越し下さい。



うつわhaku HP  http://utsuwahaku.strikingly.com/

 

Web magazine BEACON KYOTO創刊号に 増田屋ビル うつわhakuを紹介して頂いています。




web magazine BEACON KYOTOさんに
増田屋ビル うつわhakuを紹介して頂いています。
いっぱい写真も掲載して頂いていますが、
私はロクロをしていますが、下を向いていて
ちょっと怒っているみたいですが、
怒っていません。

web magazineでは、増田屋ビルの
歴史や5Fの砂の書さんとのお話なども。


五条通りにあるゲストハウス「五条ゲストハウス」さん
の五条界隈でのおもしろい所として紹介頂いています。


多言語メディアとして英語でも
紹介文を書いてくださっています。



京都観光で京都に来られた方も、
京都に住んでいる方も
京都を楽しめるサイトです。


2日間、または3日間で回れるコース
の紹介もあり、旅行に合わせて
見たい京都の街を回れそうです。

歩くことで地元の空気感も
楽しめるのではないかなと思います。
歩くと発見や出会いも新鮮だと思います。


是非ご覧下さい。



ところで、個人的には河井郤]叉念館さんと
同じ五条界隈の場所として紹介して頂いて
陶芸家としてうれしいです。
河井郤]困気鵑料渋垢気鵑箸蓮
同じ大学で陶芸科で同級生です。



BEACON KYOTO  http://beacon-kyoto.com/index.html





 

掲載誌のお知らせ  






掲載誌のお知らせ。

京阪神エルマガジン社「アート&デザインを楽しむ 京都本 by 京都造形大」
にご紹介頂いています。
 

またオーダーメイドのプレートを使って下さっている
「cafe mementmori」さんも
掲載されておられ、うつわとお料理も。



京都造形大の在校生や卒業生、講師の方による
京都のアート&カルチャーのおすすめの場所を紹介する本です。



増田屋ビルとともに紹介して頂いているのですが、
作家が入居している部屋はそれぞれ作家の思う空間に
改装されていて同じ間取りでも、全然違う雰囲気がおもしろいです。

 

ちなみに、10年前から私は粘土を買いに
五条通を通るたび、いつもビルが気になっていて、
ネットで借りられる部屋があると知り
すぐ連絡して見に行って5分で決めました。

 

なぜか自然発生的にアーティストが集まっているのもおもしろいです。
しかも普通に住んでおられる人もおられるところも。(お医者さんとか)


 

京阪神エルマガジン社 HP http://lmaga.jp/mook/art_design_kyoto_2015.html





現在制作繁忙のため8月まで
土 日 祝 13:00〜18:00の営業となっております。

ご迷惑をおかけいたしますが、今後も精進してまいりますので
よろしくお願いいたします。


haku HPの「Information」もご覧下さい。
hakuHP http://utsuwahaku.strikingly.com/


「&TRAVEL」掲載誌のお知らせ



 


3月27日発売の、朝日新聞社出版「&TRAVEL」に
うつわhaku店舗、商品が紹介していただいています。


表紙にある「人生に旅を!」というコピーを見ると
旅に行きたくなります。そわそわ。

また今回の掲載は、担当の方のご提案もあり
そうだ、そんなこともしていこう!という
後押しもして頂きました。
​ありがとうございます。


ところで、いろんな種類の雑誌、mookに掲載して頂いていますが
いろんなたくさんの人に見て頂いて、いままで陶芸、
うつわに興味のなかった方に、
うつわに興味を持って頂けたらいいなあと思います。



このうつわで、このお料理を食したいとか
このカップでコーヒーを飲みたいとか
そういったことになると、いただきますの時間が
よりいっそう楽しくなるのではないかなと思います。


数日前も、陶芸に今まで興味がなかったというお客様が、
私のうつわを使って下さっているお店で手にして
感動しましたとご連絡を頂いて、
とてもとても嬉しくて泣いてしまいました。

いろんな人と、うつわを通じて旅をしているような。。。

うつわ初心者の方も、うつわ、うつわの使い方などで、
わからないことなどありましたら、なんでもご質問下さい。


増田屋ビルは少し入りにくい。。。
かなりはいりにくいビル・・・ですが
えいっ!っと入ってきて下さいね。


みなさまのお越しをお待ちしております。



うつわhaku HP  http://utsuwahaku.strikingly.com/





 

ぱたぱたの間に・・・掲載誌のお知らせ。フィガロジャポンさんに掲載して頂いています。

                             「 FIGARO JAPON12月号  パリと京都のいいもの 」にて、うつわhakuを紹介して頂いています。

去年の7月からのぱたぱたの間に、いろんな雑誌に掲載して頂いていました。
きちんとブログにてお知らせできていませんでした。ブログを見返していて、あれ?ない!・・・び、びくりしました。

7月は制作でぱたぱたして、9月から2週間おきに個展、イベントが続きつつ、定番商品、オーダーの制作もしつつで、ほんんんとうに忙しくさせていただいておりました。ありがとうございました。

しかし、一人で制作、教室運営をしているため、ブログや、メール、DMのお知らせなどが十分に出来ず・・・・。
お知らせ以外にも、多々ご迷惑をおかけしたこともあったかと思いますが、でも、2週間おきの個展、イベント、展示で、たくさんのアイデアが浮かんできているので、またそのアイデアやカタチをつくっていきますので、今後楽しみにして頂けたらと思います!


そして、去年の10月21日に「フィガロ ジャポン 12月号」にうつわhakuの店舗とうつわ、花器が紹介されました。
取材してくださったライターさん、撮影してくださったフォトグラファーさん、ありがとうございました。
取材の日も、個展中でオーダー制作の打ち合わせ後、お店に戻って取材という、ぱたぱたでした。
いろんな意味で、脇汗びったり。。。。。


掲載内容は、京都五条通とパリのアンリ・モニエール通りにある、お店の紹介です。
そのほかのページにも、大活躍中で制作展開をしている作家仲間も一緒に紹介されて嬉しい掲載です。
京都で活躍している、いろんな方がセレクトされた、京都のいいものについての紹介もおもしろいです。

もう書店には2月号?3月号がおかれていて、12月号は書店にはないかもですが、書展にてお取り寄せや、ネット(アマゾン川)などで購入することが出来ますので、ご覧頂ければと思います。

ちょこっと紙面がご覧頂けます→「FIGARO JAPON 12月号」




うつわhaku HP  http://696-tako.ciao.jp/ もうすこししたらHP見やすくなります。URLも変わります。



 
JUGEMテーマ:アート・デザイン

雑誌掲載のお知らせ。文藝春秋出版「CERA 8月号」



7月7日、文藝春秋出版さんから発売の「CREA8月号」に、うつわhakuの店舗と作品と(石鹸置きですが受けにあるものが潜ませています・・・)、ボタンが紹介されています。



90Pには、五条界隈のお店として紹介いただき、また128Pには、アトリエRe:さんより、「夏が薫る 京都のおみやげ」として、陶器の飾りボタンを紹介していただいています。




うつわhakuでもボタンは販売していますが、Re:さんでは、また違うラインのボタンを販売していただいています。

Re:さんでは、衣料再生プロジェクトとして、いろんな作家さんがコラボレーションをされて、リボーン、リユースの楽しさを提案されています。

ぜひ、京都のものづくり、大切にする気持ちとともに、陶器の飾りボタンを、おみやげとして手にしていただければと思います。

是非、本屋さんで「CREA」をてにしてくださいね。

Premium 8月号



「Premium 8」に、うつわhakuのうつわを使ってくださっている「cafe mementmori 」さんが紹介されておられるのですが、うつわhakuのうつわも、お料理とともに紹介されています。

全国発売の雑誌ですので、ぜひ、ご覧ください。


cafe mementmori cafe mementmori さんでは、からだにいい野菜や玄米のお料理をいただけます。

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

search this site.

archives

links

Instagram

profile

search this site.

others