2月のエポケカフェでの、和菓子とうつわ「makomo exhibition だんご」

JUGEMテーマ:アート・デザイン


今月の京都 北区 エポケカフェでの和菓子作家の日菓さんと、うつわhakuの和菓子とうつわのコラボのお知らせ。

今月は、画家のmakomoさんの展覧会のイメージを和菓子とうつわで楽しんでいただけます。
でも、29日までです。お知らせがおそくなって、ごめんなさい~!
あせって、明日行きそうな私ですが、明日はエポケカフェさんは、お休みです!
どーしても行きたい方は、今日の25時まで営業されているので、お急ぎください。

和菓子「だんごっぱな」。makomoさんの作品をよく知る人なら、私のカタチは、あ~となるかもです。
和菓子と、飲み物で800円です。(飲み物はお選びいただけます)
うつわも、販売しておりますので、おうちにつれてかえって、いろんな食材とともに、是非コラボレーションして楽しんでください。

makomoさんの作品は、癒しをテーマに制作されています。ずーっと見ていても、ずーっと部屋に飾っていても、飽きなずに、癒しがある作品制作をされているようです。

今回は、「だんご」をテーマに展示されています。
この前展示を観にいったら、まさかそこに、だんごを?な作品に、ほんわかしました。色も、美しいです。
makomoさんの、こたつのポスターが欲しい~と思った私です。「腰にだんご」も、たまりません。
いろいろ、makomoさんの本や、葉書もいろんな種類が販売されています。葉書なんか書いちゃったら、楽しくて仕方ない感じです。

すてきやわ~と思っていた作家さんと日菓さんと、ご一緒できて嬉しいです。
もう、コラボの制作生活は1年になりました。来月は、日菓さんと「結晶」の展覧会です。
まだ、うつわ制作中・・・(×_×)


29日まで。お急ぎください!
私もまだ、観にいけてない!展覧会を食べてない!あわわ。
そして、急いではいけません。
明日は、エポケカフェさんお休みです。あわわー。

エポケカフェ EPOKHE CAFE

京都市北区平野八丁柳町70−1−B1

OPEN 11:30~25:00

CLOSE 月曜日

075−462−3885



お茶碗お手紙プロジェクト」のブログも更新しました。是非ご覧ください。


まちくさ博士さんとのコラボうつわ

JUGEMテーマ:アート・デザイン




現在、「うめぞの カフェ&ギャラリー」で開催中の、「まちくさ展」で、うつわhakuのうつわが、展示販売させていただいています。

まちくさ博士の作品は、2Fのギャラリーで展示されています。
どの植物も、博士の命名で、楽しそうです。見ている私も、ほんわかします。


私の制作したうつわは、去年の5月に、エポケカフェさんでの「まちくさ博士」展での、展覧会をイメージしたうつわです。
その時のうつわには、和菓子作家の日菓さんの和菓子「虫の道」とともに、食べていただいていました。

今回は、うつわのみです。

このうつわは、まちくさ博士の植物の写真と、まちくさ博士さんが命名した植物の名前をみて、つくったうつわです。



食べ終わると、「キュン!」な形が出てくる仕掛けになっています。

今は、和菓子はないけれど、ブロッコリーとか、ぴったりサイズです。カボチャのサラダとかを盛ってみて、食べ終わって、「キュン!」としてもいいかもです。

小さな苔玉とかをつくって、乗せてみるのもいいかもです。かわいいです。
ぶら下げることも可能なので、ペンダントトップにもなれます。

あとは、実際にみていただいて、いろいろアイデアがあれば、おしえてください~。


「まちくさ展」 町に住む草たち

うめぞの カフェ&ギャラリー

2012年 2月2日(木)~28日(火)

11:30~19:00

京都市中京区不動町180

tel/fax 075-241-0577


http://www.umezono-kyoto.com



今月のエポケカフェでの和菓子とうつわ 明日からも展示。今月3箇所での展示などお知らせ。



先日は、うつわhakuの「お茶碗お手紙プロジェクト」のことが京都新聞さんに掲載されて、様々な反響がありました。
後日、まとめてブログで更新予定です。提案や、ご意見ありがとうございました。活動がうんと進んでいきそうです。


そして、おいしい展示のお知らせです。


今日から、エポケカフェさんで和菓子作家の日菓さんとうつわhakuのうつわの、おいしい食べられる展示始まってます。

makomo exhibithion "だんご”


去年の2月から、1年間限定で始まった毎月のおいしい展示も最終月。来月は、日菓さんとうつわhakuの、今までにない表現の、「和菓子とうつわのスペシャルレシピ」が開催予定です。自然現象を一体化させるというかなんでしょう。
またお知らせします。

今月は、デザイナーであり、画家の「makomo」さんの絵画のイメージを、食べていただけます。
和菓子と、飲み物セットで800円です。(飲み物はお選びいただけます)

和菓子と、うつわの一体感に、おどろきました!作品。

画家の「makomo」さんの絵は、ほっこり癒されます。


エポケカフェは現在こたつカフェなので、ますますほっこりできるのではないでしょうか。



今回の、うつわの一部分。全体を見るとさて・・・どんな形でしょうか・・・。


エポケカフェ

2月1日(水)~29日(水)

11:30~25:00

月曜定休

075−462−3885

http://www.epokhecafe.com

京都市バス 「衣笠高校前」より徒歩2分
京福電車 「北野白梅町」駅より徒歩10分


そして、もうひとつ展示・・・
明日からは、京都市内のいろんなカフェがギャラリーになるという企画の「PHOTO &CAFE」での一連の展示で、烏丸四条「うめぞの cafe&gallery」さんで開催の、「まちくさ博士」さんの展示に、うつわhakuのうつわがちょこっと展示されます。



「まちくさ博士」さんは、道に生えている植物になまえをつける作家さんです。
画像の植物も、「アナクサ科デテキソウ」という名前が。

「まちくさ博士」さんは、去年の5月にエポケカフェさんでの展示で、和菓子作家の日菓さんとわたしのうつわで、コラボさせていただいたときに、うつわをつくらせていただきました。そのときの和菓子は、「虫の道」という名前の和菓子で、食べ終わると、キュンとなるうつわ。
そのうつわが、ちょこっと明日から展示されます。

「うめぞの cafe&gallery」

11:30~19:00

水曜日定休日

075−241−0577

http://www.umezono-kyoto.com/


寒い季節ですが、どちらも、おいいしい展示ですので、是非おこしください~。




もうひとつは、月末にギャラリーみやがわさんにて、展示です。またお知らせします。




今月のエポケカフェでの、和菓子とうつわ  時間と空間



今月の京都「EPOKHE CAFE エポケ カフェ」さんでの、和菓子作家の日菓さんの和菓子と、私、うつわhakuのうつわのコラボは、展示作家の西垣聡さんの日本画のイメージを、召し上がっていただけます。

西垣 聡 「言 己 オノゴト」展

1月29日日曜日までです。

西垣さんの日本画は、目から鱗です。色彩も美しくて、生命感がうずまいています。

私のうつわは、当初いろんな色を使おうと思っていましたが、もうじき完成という段になって、作り直しました。
そして、そのうつわを見て、日菓さんが和菓子をつくられて、西垣さんの作品のイメージができました。
和菓子を、切るとますますイメージが現れます。
いつも、日菓さんのイマジネーションや、作品と響いていく事など、勉強になります。

そして、エポケカフェさんでは、現在こたつに入って、西垣さんの作品を観ることが出来ます。
作品をイメージした、和菓子とうつわも楽しんでいただけます。飲み物とセットで、800円です。

そして、エポケカフェさんはちょっと遠いですが、美術作品を見に行くために、バスに乗ったり、電車に乗ったり、いつもと違う風景を見たりして、たどり着いて作品をみるって、とってもいいなと思います。
心が、作品を観るために、距離によって準備されていくというか・・・。

また、作品を観終わって帰る時も、地下1Fの階段を地上へ向かって上ってからも、作品の雰囲気や余韻を損なわれない空間の街の風景があるなんて、いい場所です。

うつわhakuのある、増田屋ビルだって、街からは離れているけど、観るための、感じるための心のプロセスがつくられるいい場所と私は思います。
作品とか、人が手でつくったものを観るって、そういう時間空間も距離空間も大切であってほしいです。

そんな、心の余裕も、あってほしいなとも思います。

エポケカフェも増田やビルも、すこし遠い場所ですが、ぜひ、そんな時間をも楽しみにおこしください。



EPOHKE CAFE エポケカフェ


OPEN 11:30~25:00

CLOSE 月曜日


京都市北区平野八丁柳町70−1−B−1

tel 075-462-3885





11月の、和菓子と、うつわセット



毎月、京都 エポケカフェさんでの、和菓子作家の日菓さんと、うつわhakuの、和菓子とうつわのセットの、お知らせです。

今月は、エポケカフェさんで現在展示をされている、銅板画家の武田あずみさんの作品「よいっぱりのたしなみ」をイメージして、和菓子とうつわのセットをお出ししています。

11月27日まで。


武田さんのシュールな世界と、絵の中にある闇を、味わってください。

epokhe cafe

open 11:30〜26:00

Sunday 12:00〜23:00

close Monday

Tel 075-462-3885




エポケカフェさんで後半始まっています




エポケカフェさんで展示をされているpenetomaimさんの、後半の展示「独の街」が始まっています。10月18日から10月30日まで。

その展示にあわせた、日菓さんとうつわhakuの、和菓子とうつわのセットも、始まっています。

画像で少し。
ある形になっています。
pene さんの、小説の展開でのイメージ。小説を読んで、和菓子セットをいただくと、中に入れるというか、落ちていくというか…。

またもや、店内の内装も展示にあわせて、全部変わっています。
田中美穂植物店さんの、植物も、素敵です。

epokhe cafe エポケカフェ

open 11:30〜26:00
sunday 12:00〜23:00

close monday

075‐462‐3885

京福電車「白梅町駅」から徒歩10分

市バス「衣笠校」バス停より徒歩2分




今月の、epokhe cafe での日菓さん×うつわhaku 7月の和菓子セット。





今月の、epokhe cafe さんでの、日菓さん×うつわhaku の、和菓子と、うつわのコラボは、海のイメージ。

日菓さんの、今月の和菓子は、涼しくて、きらきらしていて、色もきれいな和菓子が、すてきです。お菓子に、黒文字(お菓子を切るもの)を入れた時の色の変化も、目に入ってくる色のおどろきと、おいしさ。

目で涼むって、粋。

週末の金、土、日に、和菓子セットが、epokhe cafe で、いただけます。お抹茶か、コーヒーどちらかがついて、800円です。


また、epokhe cafe さんは、現在風鈴カフェになっていています。


まちくさ展での、まちくさ博士×日菓×うつわhaku




まちくさ展が、京都北区エポケカフェで、始まりました。和菓子と、うつわを少しだけ画像で。うつわは、ちょっと変わった形をしています。画像では、ほとんど写ってませんが…。

日菓×うつわhaku の12カ月は、今回、まちくさ展にちなんだ、3作家のコラボ和菓子うつわです。

なかなか、3作家のコラボは、出来ないかと思います。ギャラリーカフェというかたちがあり、エポケカフェオーナーの小村さんの熱意も、なければ難しい企画かと思います。

なかなか出来ないことに参加させていただき、しかも、まちくさ博士さんや、日菓さんという、素敵な作家さんとコラボで、おもしろいです。

そして、また、私のうつわも、普通のものもあれば、作品のかたちのものもあるので(アートな)そういった世界を知らない方も、うつわには、陶芸には、そんな表現もあり、面白い、楽しいと感じてもらえたらいいなと思います。

アートは、むずかしいものではなく、いろいろ感じて楽しめるものだと思います。
そんな、余白の提案が、まちくさ博士や、日菓さんと出来て、楽しいです。

作品なうつわを、見たことがあっても、使ったことがない方が多いと思いますが、エポケカフェで、楽しめると思います。日菓さんの和菓子も、アートで、楽しく、題名も、おもしろいですよ。


まちくさ博士の作品も、街で探す感じが、店内にちりばめられていて、おもしろく、意外なものが、あのまちくさに!すごいです。まちくさ博士。
いろんな楽しいを、みつけてくださいね。




| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

search this site.

archives

links

Instagram

profile

search this site.

others